もう買っちゃおうかなぁ…

「4月は君の嘘」っていう漫画が読みたくなった?!
テレビでたまたま知ったんだけど…
あのONE PIECEを書いている尾田栄一郎先生が絶賛していて凄い!って褒めているのを聞いてしまったからです☆
名前だけは聞いたことがあったんだけどそんなに凄い作品だとは思いもしなかったのよね?
「締め切り前の気分展開のつもりが全部読んでしまった!」というコメントに痺れた?

音楽に関係ある話しらしいんだけど漫画って音が出ないからそれを伝えるのって難しいんだってさ☆
ワンシーンを公開してたんだけど音が生まれたイラストが凄い!
てっきり音符とかが書いてあるのかと思ったら何もないの!
人がバイオリンを美しく奏でている様子…
だけど音が聞こえてくるという不思議!
急に読みたくて読みたくてゲオで借りようとしたけど借りられてるの?!
この気持ちをどこにぶつけたらいいんだ!?

教えなきゃよかった話し

我が家ではトイレに行く時に未だにウンチの場合は宣言してから行っている(笑)
これは前のアパートでの決まり事なんだけどね…
前は1つしかトイレがなかったから時間かかるなら先にする!って言うのを分かるために宣言してたんだ☆
今は2つあるから言う必要がないんだけどね…
癖になってしまってます(笑)

これを友達に言ったら爆笑されてたなぁ?
例え1つだって宣言なんかしねー!って言われたっけ☆
でもさ!?旦那がウンチ宣言すると普通に30分位占拠してるからね!
一度だけどうしても待てなくてコンビニまで行ったのよ?
そういう時間があったから決まり事が発生した訳さ!
でもそろそろ止めないとな?
うっかり出かけ先で宣言なんかしたら大変だしね(笑)

年末年始は慌ただしいい

12月はあっという間に過ぎてしまいますね。いつもの3倍速くらいで流れていく気がします。
まだクリスマス時期までは、楽しい気持ちがあるのに、クリスマスを過ぎるとさらに、日々早く感じます。

12月も後半になると、お買い物をしても、年末年始価格にうんざりしてしまい、いつもよりも混雑している店内にも慌ただしく感じます。
おかしいもので、周りの様子が変わると、自分の気持ちも流されていくのがわかります。
お買い物は、どんな時も平常心でいなければ無駄なものをカゴに入れてしまったり、衝動買いに走ってしまいそうです。
そうは思っていても、人間ですからお買いものは人に左右されてしまうのです。

お買い物のリストをメモにして買い物することが、理想ですね。
年末年始、心穏やかに過ごしたいものです。

スタローンの知られざる過去にビックリ

ハリウッド&アメリカを代表する名優の一人に、シルベスター・スタローンがいます。
お馴染みのアクション映画で一躍スターになった彼ですが、その過去を最近遅ればせながら知り、驚きを隠せません。シチリア系の人種であることは知っていましたが、それが原因で何とオーディションに54回も落ちたとのこと。これはびっくりですね。ご、54回って・・・あのドル箱スターのスタローンが!?と思ってしまいます。外見が物を言うショービズの世界とはいえ、お顔立ちで落選というのはちょっと差別的な気もしました。お顔立ちは誰しも選べないことなのに、なんとも理不尽な出来事だったでしょう。
あの人やこの人、今スターという座にいる洋画俳優さん方で、下積み時代何かと苦労をされた方は多いもの。スタローンもそのうちの一人で、貧民街で育ち、さらには言語障害による内気な性格だったことから、少年時代にいつもいじめの対象になっていたとは意外すぎました。貧困から荒れた生活を送ったり、日銭を稼いだり、役がなかなかもらえないゆえ自分で書いた脚本を映画会社に送ったり・・・スタローンといえば、ロッキーにランボー、コブラという具合に、ヒーローものの典型映画俳優である一躍スター。そんな固定イメージがあっただけに、その背後ではいろいろと苦労をされているのだなと思いました。
今や俳優さんとしてはかなりお歳を召していらっしゃる方であるとは思いますが、そんな知られざる苦労があるからこそ、名優として名が残る俳優さんなのでしょう。そんな背後の労苦を少しでも知っていま一度スタローン映画を見てみると、セリフのひとつずつもまた違って聞こえてきたりするのでした。

フルーツジャム

いろんな果物を使って、ジャムを手作りしています。
最初に作ったのはシャインマスカットのジャムです。
マスカットははじめにジュースを作って、そのあとにジャムを作ったので、やたらと時間がかかり、最終的に量的にはほんのちょっとしかできなかったわりには半日以上かかり、クタクタになりました。
ちょっとしかできなかったとはいえ、それだけ苦労して作ったので味はとてもおいしく感じました。
クラッカーに付けて食べると、苦労して作った甲斐があったなぁ、と思うような達成感がありました。
手作りなので砂糖をかなり控えめにしているし、保存料などの添加物を使っていないので、ヘルシーだと思います。
翌日作ったのはアップルジャムです。
こっちは皮を剥いて煮るだけなので、前日よりわりとラクチンでした。
これも砂糖を少なめにしたので、りんごの味が際立って、おいしくできたと思いました。
このジャムを使ってマフィンやパウンドケーキも焼きたいです。

新しいコート

今日デパートで、冬に備えて新しいコートを買いました。
買うつもりはなかったのですが、デパートの玄関のウインドウに飾ってあるコートに一目惚れしてしまい、そのお店に行って試着をしたらどうしても欲しくなってしまい、ATMでお金を下ろして、買ってしまいました。
それでもコートはもともと買おうと持っていたので、気に入ったものを購入できてうれしかったです。
どんなコートかというと、フェイクムートンのネイビーのコートです。
着てみるととても暖かく、冬にぴったりです。
ムートンとはいえフェイクなのでお値段も高くなく、リーズナブルだったことも即買いした理由の一つです。
突然の出費だったので、しばらくは節約する日々が続きそうですがとりあえず後悔はしていません。
今は着るのにまだ早い季節ですが、そのコートを着て歩くのが今から楽しみです。
中に着るワンピースやスカートなども、そのうち欲しくなりそうな予感がしています。
ショッピングはやっぱり楽しいです。

お金の出所が謎な友人

精神的に病んでしまったことが原因で仕事を辞めた友人がいるのですが、もうあれから5年くらい経っており、再就職をすることもないまま現在に至っています。実家暮らしなので、家賃の心配は要らないとは思うのですが、それ以外のところで、かなり優雅に過ごしているため、一体どうやって生活をしているのだろうと疑問に思うことが多々あります。

一緒に買物に行くと、予算も考えずに気に入った物はポンポン買っていますし、平日も良い席でミュージカルを見たり、贅沢なランチを楽しんだりしているようです。

私は、あくせく働いているというのに、彼女よりもお金に余裕があるとは到底思えません。一体、どうなっているのか純粋に知りたいですが、怖くて彼女には聞けません。

ファーストフードは絶対に食べたくない

私は、ファーストフードのお店が大っ嫌いです。いかにも不健康という感じがしますし、お店の雰囲気も安っぽくて落ち着きません。

そして、何故あんなに低価格で食品を提供することができるのか、考えれば考えるほど吐き気がします。どこの産地なのかも分かりませんし、それさえも偽装かもしれません。

しかし、会社のおじさん連中はしょっちゅう利用しているらしいのです。お小遣い制だと、ランチにもお金をかけていられないようです。私が奥さんの立場だったら、健康のことを考えてお弁当を持たせるなり、定食屋に行けるくらいのお金は工面します。世の中、色々な人がいて、色々な考え方があるので、仕方がないとは思いますが、家族のことを考えれば、自然と答えは出てくるのではないでしょうか。

愛が大きいと、余裕なのかしら?

私の親友は、40代で独身です。
何年もお付き合いしている方がいますが、その方は親友よりもかなり年上で、多分父親と間違われるような感じだと思います。
何年も付き合っているし、ほぼ同棲をしているので、結婚すれば?と何回か言った事があるのですが、相手が乗り気ではないらしいのです。
その理由は、自分と結婚しても、年齢的に子どもは作れないし、介護とかで苦労をかけたくない…とのことらしいです。
結婚して子どもがいる私からしたら、結婚がゴールではないとも思いますが、何年も付き合っているならけじめをつければいいのに…と、苛立ちを覚えてしまいます。
親友は、一緒にいられるだけで幸せって思うようにしている…と、よくそう話してくれます。
親友がそれでいいなら私はなにも言えませんが、愛が大きいと気持ちに余裕があるのかな….。
羨ましいような、切ないような複雑な気持ちになります。

結婚したいけど奥手なら・・注目の婚活方法!

・参加人数が少ないコンパ

奥手な人というのは、周りにいる人数が多ければ多いほど、恐縮してしゃべれなくなるし、自分を出せなくなる傾向があります。まずはそれを克服できるような環境を作ることが大切です。なぜなら自分というものを見せることができなければ、それが婚活に繋がらないからです。

そこでおすすめなのが、参加人数の少ないコンパに参加すること。そしてそのコンパの主催は、自分をよく知っている友人である方がいいですね。例えば男女5人ずつ10人のコンパであれば、ある程度テーブルも大きいし、やはり中には目立つ人と目立たない人に分れてしまうこともあります。しかし男女2人ずつの計4人のコンパなどは、人数が少ない分、自分の話さないと間が持たない!と自然と感じる様になり、奥手であっても少しはしゃべることができるのではないでしょうか。

そんなコンパに慣れていないぎこちなさも相手にとって高評価になる場合もあります。自分を知ってもらうため、また自分を出すために奥手な性格の人には、少人数で開催されるコンパがおすすめです。

 

・婚活パーティーに参加する

婚活の方法として今では珍しくなくなった婚活パーティーですが、奥手の性格の人には、この方法がおすすめです。婚活パーティーに参加したことのない人は、不安が大きいかもしれません。しかし出会いの場を求めて婚活パーティに参加している人がほとんどですし、そのパーティーの進行はシステム化されているので、効率よく短時間で相手を知る、また出会いのチャンスを掴むということができるのですね。

また婚活パーティーというと、まずは自己紹介の時間があるので、奥手であっても話が出来るチャンスはたくさんあるのです。フリータイムになかなか話しかけに行けないという場合も、その場のスタッフが誘導し、うまく出会いのチャンスを作ってくれることもあります。

奥手の性格の人は、きっかけを掴むことが苦手なことも少なくありません。婚活パーティーはそんなきっかけを掴むのに良い方法なので、婚活の方法としてはおすすめです。