「去年ルノアールで 深煎りブレンド」を見て

「去年ルノアールで 深煎りブレンド」をDVDで見ました。これはコントと言っていいのか、それともショートドラマと言うべきでしょうか。
星野源さん演じる「私」が毎日のようにルノアールに通いつめ、そこで出会った客からとんでもない妄想を繰り広げるというストーリーです。普段、お笑い番組やコントなどはほとんど見ないので、こんな世界観があったのか!ととてもびっくりしました。
セリフが少ないながらも星野源さんの演技が見事です。妄想って誰にでもできるうえに、無限に楽しめるという素晴らしさがありますよね。そういえば映画にもなったマンガ「高台家の人々」の主人公である木絵もぶっとんだ妄想が趣味でしたが、すごく分かる気がします。
そして驚いたのは、坂井真紀さんや本上まなみさん、遠藤憲一さんなど一流の俳優さんたちが出演していて、大真面目に演じていたことです。坂井真紀さん、おかしな演技をしていても美しかったです。遠藤憲一さんと言えば私は真田丸の上杉景勝のイメージが強かったので、こんなキャラクターにもなれるのか、と感心してしまいました。
見終わった後は無性にコーヒーが飲みたくなります。面白い作品でした。

靴店を訪れる前に準備しておきたいこと

私が靴を購入する際の決め手となるのはその場の直感とくるぶしに履口のトップラインが干渉しないかどうかの2点です。踵部分が緩く、カポカポして歩行時に脱落しそうになるはそもそも靴の形状が足に合っていないからで、見た目は優雅で魅力的であっても、仕方なくパスする事にしています。靴と長く愛着を持って付き合って行くためには、自身の足に合わないものをパスするのは自明の理と言えます。靴を買う前に自身でチェックしておくと高確率で履き難く、足に合わない靴の購入を回避出来る方法があります。それは以下の3点です。
①靴ズレを起こしたり辛くなる部分を予め知って置く。
「自分の足のクセ」を知る事で、履いていて「辛くなる部分」を具体的に店側に伝えておけば、足に合わない靴を勧められる確率を大幅に減らす事が可能となります。状況が許せば、手持ちの靴の中で一番合うと感じているものを店に持参して、「この辺りが擦れて辛くなる」等と説明し、自分の足に適合しない理由や原因を解明できるかも知れないからです。
②自分の足が「むくむ」時間帯を把握しておく。
その日に足が一番大きくなる時間、つまり、「むくむ」時間帯を把握しておき、可能であればその時間帯に店を訪れることが理想的です。ただし、一般的には夕方に「むくみ」が起こり易いと言われていますが、冷え性の方などは早朝にむくむケースも多くあるため、「自分自身の場合」を見極めておく事が靴選びの重要なポイントと言えるでしょう。
③どんな靴下を合わせるかについても考慮して置く。
靴下は履く季節によって素材の厚さ、圧着度などの違いから様々なものがあります。この加減が靴の着用感や寿命に大きな影響を与えます。薄手の靴下なら快適に履けた靴が、厚手の靴下に変えた途端にきつく感じ、違和感を覚えるというのは良く聞く話です。買おうと思う靴の用途に最も登板回数の多そうな靴下を店に持参しておくと靴選びに失敗する事も防げますし、安心感も増すでしょう。
日頃から自分の足の特徴を観察して靴選びで後悔しないよう努めていきたいと思っています。

贅沢に映画2本観覧!

今公開中の「名探偵コナン から紅の恋歌」と「美女と野獣」を、旦那と観てきました。
一日に映画を2本観るのは初めてでした!一本はレイトショーで観たので、1人1300円ととてもお得!

どちらも楽しみにしていた映画だったのですが、どちらも期待以上の出来でした!
先に観たのは「名探偵コナン から紅の恋歌」です。
小さいころから見ている「名探偵コナン」で、しかも大阪・京都の話。
関西で生まれ育った私は、本当に公開が楽しみでした!
事件の難解さは申し分なく、平次と和葉、そして紅葉の恋模様にドキドキしました。
秋設定ということで映像も美しく、とても見栄えのある映画でした。

「美女と野獣」も、幼いころアニメを見ており、公開告知をされた日からとても楽しみにしていました。
アニメを思わせる演出や、実写オリジナルストーリーも含まれ、懐かしいと思いつつ、新鮮な気持ちもあったりと、とても不思議な気持ちでした。
主役の二人の演技がとても良い!エマ・ワトソンも野獣も美しく、特にダンスのシーンはあまりに感動して泣いてしまいました。

楽しみにしていた映画が2本も観られて、とても充実した一日でした。

暇なので自分の声を録音してみました

自分で自分の声を録音して聞いたみたところ、感想としては「普通というか地味な声だな」ということでした。特にこれといった特徴もない感じがしました。そこでちょっと声を作ってみて再録音してみました。どんな風に作ったかというと「可愛らしい女性風」といった感じです。聞いてみて「うわ、気持ち悪い!」と思わず小さい叫びをあげてしまいました。あまりにぶりっ子な声になっていて「これは特に同姓から大いに嫌悪されるな」と思いました。
それから色々なタイプの老若男女を演じて録音してみたのですが、一番しっくりしたのは「陰気でちょっとスケベそうな初老の男性」の声でした。この結果に我ながら「なんでやねん!」と思ってしまいましたが、多分他の人に聞いてもらってもこれが一番合ってると言われるような妙な自負が少しあって切なくなってきました。
とりあえずはっきりわかったのは女性を意識して声を作るとものすごくわざとらしく聞こえるということでした。このような作業に3時間ほど没頭してふと「私何やってるんだろう」と我に返ってしまいました。

シュッとしてないところが逆にそそられます

お店で出てくるような垢抜けた料理も勿論大好きなのですが、ちょっと野暮ったい感じのする家庭料理の魅力も大変捨てがたいと思っています。むしろここ数年は垢抜けない家庭料理のほうが自分の心のアンテナに多くひっかかるようになりました。
ちょっと焦げたり、形がいびつな卵焼きとか出された日には、出してくれた人に「いい仕事してますね!」と言いたくなる位です。以前職場で自分で作ったお弁当を持ってきていた若い女性がいたのですが、彼女のお弁当が私から見てまさに「ドンピシャ」の垢抜けなさでした。ちょうどいいレベルの野暮ったさで、またそれを恥らう彼女もなんと奥ゆかしいことか。私が男性だったら密かにお嫁さん候補としてリストアップする一人だなどと思ってしまいました。
一見いわゆる「欠点」などのように思えることに、逆に愛着を覚えるようになってきたのは歳をとってきたせいなのか、それとももともと自分にこのような癖があるのかどっちだろうと、暇な時にちょっと考えてみたりしています。

息子ができなかったけんけんぱができるようになりました

息子が幼稚園の年長に進級して数日後、担任と保護者の個人面談がありました。
担任と息子のことで話をし、担任からけんけんぱやスキップ、鉄棒の逆上がりができないと言われたので、けんけんぱとスキップは徒歩で幼稚園の送り迎えをしているため、そのときに練習することができる、鉄棒は週末に夫が教えることでカバーできることを約束しました。

できないことをそのままにしておくより、担任と親が少しでも関わることで、できないことができるようになった方が本人の目標の達成感とやる気を引き出せるのではないかと思い、担任にこれからも息子ができないことがあったら教えてほしい、時間はかかるかもしれないけど少しでもできるようにするので、ということを話してきました。

まずは簡単ですぐにできそうなけんけんぱから教えることにしました。
幼稚園の送り迎えのときに徒歩で行くので、このときにけんけんぱを教えると、息子は片足でジャンプすることができなくて、けんけんぱができないことがわかったので、片足でジャンプすることを数日かけて教えていきました。
すると1週間くらいかかりましたが、なんとか片足でジャンプしてけんけんぱができるようになりました。
なんだか私自身ができたようで嬉しくてつい大げさに褒めたところ、本人も嬉しかったようでにっこり笑ってくれました。
この調子で少しずつでもいいので、成功体験を増やしていきたいです。

年の差カップル

最近、某有名人モデルと芸人さんの結婚報道もあってか、年の差カップルのフレーズをよく耳にします。
すごいなぁ…なんて思っていた私ですが、先日16歳年上の方とお付き合いすることになりました。同年代しか付き合ったことのない私。年上の彼氏は、人生で初めてです。同年代にはない落ち着きと安心感と抱擁力に、居心地の良さを感じています。
彼とは、ビジネスパートナーとして関わってきました。どうやら無我夢中で仕事をしている(本人は必死でした)私を見て、気に入ってくれたみたいでした。向こうから交際の話を持ちかけてくれたのですが、正直驚きました。なぜ、私?からかっているのか?と思ったくらいです。話を進めていくうちに真剣さが伝わってきて、嬉しくて付き合うことになりました。彼は今すぐにでも籍を入れそうな勢いですが…とりあえずそれはゆくゆくのお話にさせてもらっています。相手の年齢も考えて、ゆっくりでも急ぎ足で進んでいきたいと思います。
恋愛に年の差なんて関係ない!彼と幸せになれるように頑張っていきたいです。

季節感を、気軽に味わってみたいです。

不器用なところを克服したいのと、同時に季節を味わえるものがないかなと思い、考えてみました。
例えば、ランチョンマット、のれん、壁掛けなど、手作りできそうなものを考えてみました。小さいものなら、出来上がったときの達成感も味わえて、気持ちもよいかもしれません。
個人的に、以前作ってみてよかったと思ったものは、折り紙とビーズ細工でした。
折り紙やビーズ細工の作り方については、本を買って、季節を楽しめるものを作ってみました。
今思えば、ネットでもいろいろハウツーが紹介されているので、ネットを見ながら作ってみるのもいいと思います。
折り紙は、特に目が疲れにくいし、途中でやめてもばらばらになることはありませんので、視力が弱いとか仕事で目が疲れ気味の時にも、お勧めできる趣味です。
ビーズは、なんといってもきれいなアクセサリーが気軽にできることが、嬉しいポイントです。
書きながら、また折り紙やビーズ細工が作りたくなってしまいました。
季節感をたっぷり味わえるよう、よりいろんなものを作ってみたいと思います。

スカーチョとかガウチョとか何?

最近流行ってるガウチョ。
見た目が可愛くていいなと思うんですが、疑問があります。
それは言い方です。いろんな言い方がありますよね?

「スカンツ」「ガウチョ」「ワイドパンツ」「スカーチョ」等がありますよね。
どれだけスカートに似ているかで言葉が変わるのでしょうか?
「キュロット」や「スカッツ」はまた違うんですよね?
頭の中がごちゃごちゃしそうです。

ミュールとサンダルの違いもよく分かりません。何が違うんでしょうか?
パンプスとハイヒールも分かりません。

モデルさんとかお洒落な人は違いがちゃんと分かってるんですもんね。
スゴいなぁって感心しちゃいます。

言い方が代わったものもありますよね。
例えば、「ジレ」です。昔は「ベスト」って言ってましたよね。

お洋服の言い方はいろいろありすぎて覚えられないです。
女子力が無さすぎなのでしょうか。

一応、お洋服には気を使っているつもりなんですけどね。もっと、ファッション雑誌を読んで勉強しなきゃなのかなぁ。

ゴールデンウィーク通過でおしゃれシフト

この頃の気温は以前より暖かくて温暖傾向、3月から4月も平均より暖かかったし、変な感じがします。例年よりサクラの開花が早かったし春爛漫の情緒が薄かったですね、もう少しゆるやかにサクラをキープできたらよかったなと思います。

冬シーズンを通過しほっと和むのが3月から4月、寒い気候からリラックスできるのがこの季節なのに、サクラを眺める時間が短くて味気なかったです。でもゴールデンウィークを通過し時間は一日ずつ、シャツ一枚でもすごせる日があり初夏の空気を感じます。

最近やや忙しくてそのままでしたが、紅茶を飲みながらゆったりしていると衣替えとかクールビズというのに気づきました。それでも朝晩は気温がクールなのでコットンのセーター、掃除とか家事をしていると体温は上がりますから、半袖とか夏服にシフトしようと思っています。

衣替えというので手持ちの夏服をチェック、まずまずすごせるくらいの洋服はありますが、おしゃれをしたいのでネット・ショッピングで数枚ブラウスを購入しました。一枚は淑やかで落ち着きのあるブラウス、二枚目はノースリーブでお洗濯を時々してもへたらないような丈夫。

おしゃれとはいえ普段用の衣類は丈夫なのがベスト・チョイスの逸品、どのような高級品より役立つのがこういった日常品。生活スタイルにフィットするのがいちばんですね。